カテゴリー別アーカイブ: podcast

格安葬儀の落とし穴と言う記事

まぁ、酷いタイトルだわって思うのは私以外に多くの葬祭業者だわ。
しかし、これも事実なんですよ。

アエラの炎上タイトルは否定できない

さて、ここで大きく問題になるのは、「格安葬儀」であって、これらが何を意味しているのかである。

「格安葬儀」≠「家族葬」である
出棺葬と呼ばれる「直葬」や「ゼロ葬」など色々とある。
まして「一日葬」(確かこれは私の「旅のデザイナー®」と「死に方改革®」同様にどこかの商標だったはず)も安くないこともあるから一概に言えない。

続きを読む

死後SNSのアカウントをどうするか

今日、たまたま亡くなった人のSNSアカウントのことを目にしました。
実はFacebookやGoogleでもその処置ができます。

2010年8月30日にFCCJにてOgilvyのThomas Crampton氏が記者会見(魚拓)を開いたときに、その後、Crampton氏から逆取材を受けてしまいました。

そんなところから、私のやっている終活の「死に方改革®」が始まったところでした。

オンライン・アイデンティティを消すことは容易〜不可能なランクがあります。
このリストを見ていただければ、∑(゚Д゚)エ!?と言うものもあります。
Googleさんは簡単だが、何故だかYouTubeは不可能になっている。

https://backgroundchecks.org/justdeleteme/

さらに2017年5月4日に私がここで書いた内容もありますのでぜひ参考にしていただきたい。

ソーシャルメディアを活用した「終活」その1

しかし、追悼の場としても使えることを忘れてはならない。
それには「Canonize」と言う行為が必要だ。
Googleのアカウントみたいに放置して、ずっと生きたままは危険である。

訃報 ニキ・ラウダ氏 死去

ヨーロッパ時間で5月20日に訃報が世界を走り回りました。
音速ではなく、超精密なクロックワークみたいに。

超精密なドライブテクニックにてF1サーキットを走り抜いた不死鳥ごとくニキ・ラウダ氏がお亡くなりになりました。ご冥福をお祈りいたします。

私が子供の頃、未だに憶えているのがニキ・ラウダ氏が事故って大やけどを負ったのを。
そして顔も焼けてしまい、大事故となったのを。
調べたらあれは1976年のことでした。

ついこの間、うちの子を連れて車競技用のヘルメットを買いに行きました。
湘南の近辺ではNAPS港北店しか扱いがなく、ほかのNAPSさんはすべてバイク用ヘルメットだけ。
そこで、店員さんに聞いたら、根本的にバイクと車のヘルメットの構造が違うと。
まして、強度はバイクのほうが高い。

そりゃ、そうだわ!すっ転んで頭を打つ可能性はバイクのほうが高いからずっと保護せねば。

では車は?
実は、箱に入っているので、衝撃よりも火災に強くないといけないらしい。

何かあって、扉が開かなくなり、脱出できなくなったら、レスキューと消火班が到着するまで炎と煙との戦いになります。だからこそ、F1ドライバーは難燃性の布のフェイスマスクをかぶって、その上にヘルメットをかぶっているわけです。

なので車競技用のヘルメットはバイクよりも視野が狭く、ガチっとフィットしている。

しかし、ニキ・ラウダ氏の場合、何かの衝撃でヘルメットが吹っ飛んで外れてしまったらしい。
それで頭部に大やけどを負ったとも考えられる。
更にFRPボディの溶ける煙を吸って肺までやられてしまったらしい。

それでも半年で不死鳥のごとくサーキットに舞い戻ってきた。

その後、実業家になり色々とあって、70歳でお亡くなりになった。
私の中では84、5歳かと思ったらまだ70になられたばかりだった。
残念です。

今日のお話は車競技ではヘルメットは大切です。
私もJAF国内A級ライセンスを保持して15年になります。
免許を取ったらぜひ皆さんもJAF国内A級ライセンスに挑戦していただきたい。
教習所では教えない安全に走る車のハンドリングを教えてもらえます。
一泊二日もあれば取れますので、ぜひ!

 

Quantaglion社と一緒に仕事

あまり詳しくは掛けないのですが、Quantaglion (クワンタリオン)と言う会社と昨年12月のHelloTommorow Deep Techと言うスタートアップ・ミートアップのイベントのリセプション・パーティにて出会い、その年末から色々とやり取りし、今年1月から知り合いを巻き込んで何か一緒にできないか模索し始めました。
もちろんこの友人のツテにてCore TechnologyなのでIPAにもご相談に伺いました。

IMG_9158

ここは飯田橋の東京理科大学のインキュベーション・センターに会社があり、乱数発生デバイスを開発した会社で、究極のセキュリティを作るためのチップを提供しています。
今の乱数は擬似乱数と言い、アルゴリズムで乱数を発生させており、条件が揃えばいくらでも同じ数字が出てきてしまう落とし穴があります。
しかし、Quantaglionの露崎教授が開発し、日本含む世界8カ国に特許を持つ真乱数発生デバイスを持っております。
これは原子の自然崩壊によるアルファ粒子の放出を検知し、それを電気エネルギー測定しその粒子の数をクロックにてカウントする方法で乱数を発生させます。原理は簡単ですが、作るのは難しい。

このデバイスの利点は温度や環境による変化が無視できて、数値を正当化させるためのホワイトニング(人の介入)が必要なく、そのまま数値を活用できるのが特徴です。

 

実際、利用している原子核はアメリシウム241です。
製造方法は(Wiki) 至って簡単 ヾ(゚Д゚ )ォィォィ

 原子炉内のプルトニウム239に2個の中性子を当てると、プルトニウム241ができ、これがβ崩壊して、アメリシウム241(半減期432.2年)となる。

煙報知器などでも使われていて、ホーチキ株式会社さんと打ち合わせしたら、今でも彼らは在庫があるとのことでした。

そんなことで、今日も Podcast をぜひお楽しみください!

ラジオ番組のスポンサーもはじめました

ローカルFM局の番組の一つのスポンサーをすることにしました。
この報告は jfuneral.com でも軽くお伝えしましたが、どんな内容かは全くしてませんのでこちらでもう少し詳しく、 podcastとして説明したいかと思います。

かつしかFM (FM78.9MHz) 「まきかよの言いたいホーダイ ピーパー横丁」という番組です。

毎週月曜日 23:00-23:30
まきかよの言いたいホーダイ ピーパー横丁
パーソナリティ:岬まき・伊藤佳代子

ちょっとばかりクセの強い熟女ふたりが、今話題のニュースから、身の回りで起こった些細な出来事までピーチクパーチクしゃべりまくるトークバラエティ。
おしゃべりに参加している気分で楽しめる30分です。

 

場所は葛飾区役所で最寄り駅が京成立石駅、徒歩8分くらいのところです。
区役所内の敷地ですが、外にあるプレハブの建物を防音にして改造した建物がスタジオです。

続きを読む

YEYとjFuneralの分担

2019年4月3日 久しぶりのポッドキャストです。
実は風邪をひいて声は出るのですが咳き込むことが多くてYouTubeもPodcastもなかなか作ることが出来ませんでしたが、やっと回復しつつあります。
何しろ、桜の花粉アレルギーもあり、この季節から咳き込んだりくしゃみも多くなって大変です。

2019年4月3日 茅ヶ崎市保健福祉事務所

さて、今日のエピソードは Y.E.Y. と jFuneral の分担。
そして、3月に日本外国特派員協会(通称外人記者クラブ)のIT委員会の合同委員長に任命されて大忙しでした。

 

外人記者クラブでの委員会も数多くあり、やっと一つ抜けることが出来ましたが、今度は委員長になり、これからも皆さんへの記者会見などの情報発信の裏方でサポートしていきます。

これからもよろしくお願いいたします。

Podcast in English regarding Y.E.Y.

This is my first podcast regarding my company Y.E.Y. inc., in English.

What I am trying to do in my business is to make people aware how funeral business are run in Japan and what to get ready for when the time comes.

The industry is NOT growing. It’s shrinking.
The pie itself is increasing by 1.3M to 1.6M according to the government prospect of 2025.
The other day, Governor Yuriko Koike of Tokyo expressed the need of Tokyo to get ready for extreme old aged society and increase in death tolls, causing labor shortage at FCCJ.

2019-02-18 11.06.44

Well, this podcast is my first podcast in English and I will continue posting in English as well from now on.

Thank you very much for listening.