Live Forever 死なない

先月末に日本外国特派員協会(FCCJ)にてBook Breakイベントを行いました。
Book Breakとはここでも何度かポッドキャストで案内をいたしましたが、食事をしながら、著者と本の会見です。実際、FCCJの会見の多くがランチを挟んだ会見が多いのです。その理由は運営のためです。

私のBook Break会見の最後に、人は死が怖いのではなく、死ぬ課程で苦しみや痛みを伴うことに恐怖を得ていると説明しました。

死神と呼ばれた男 by Yuusuke Wada

さて、実はイギリスで学者が調査したら8人に1人は自分は死なないと思っていることが判明しました。

あまりにもナイーブな考えを持っているなとつくづく感じました。
しかし、老化を遅らせたりすることは今の技術でも可能である。
老化細胞を除去し、健康寿命を伸ばすということだ。
しかし、やがては自分の死は訪れる。
何故なら人間の細胞分裂には限界があるからだ。
不老不死ではなく、この場合、逆戻りさせないといけないことになる。


次に、先月大宮の「大宮盆栽美術館」へ行ってきた。

ここでも書いたが、MemoTree社との調査であった。
死なない自分をどう作るかということだ。
宗教的に考える必要もある。

築地本願寺

宗教を考えると「神を冒涜している」と思われるだろう。
命を作るなどとかはご法度でもある。
だから道徳観で人間のクローン開発をやってはならないと言うことだ。
動物はOKなので、羊や蛙などはやっている。

Continue reading

さいたまの盆栽美術館

大宮の盆栽美術館へ訪れたことがありますでしょうか?
正直なところ、規模は大したことないのですが(笑)展示物が素晴らしいのです。
私は盆栽には全く興味がなかったのですが、奥の深さを知って驚きました。

2021年9月19日

ただ、ここの美術館の残念なところがとっても素晴らしい展示室でした。
盆栽の見方や評価の方法などを書かれていました。
そういうのは「紙」に書いて欲しいなと。
まして、撮影禁止なので、記憶に収めるしかないということです。
とても素晴らしい芸術品が飾ってあり、さらに床の間もあり、これもまた美しさ極まりない。
だから、写真撮影禁止?

庭園
Continue reading

Podcast in English 20210825 NFT in Funeral Biz

Podcast No. 37 in English

Today is August 25th, 2021.

The previous podcast No. 36 was about DNA preservation.
DNA preservation is much securer than cryogenic technology.
BTW, in the USA, if you were to be cryogenically “stored”, there’s no death certificate.
It means “YOU ARE NOT DEAD BUT PRESERVED”, but in real life, no one has yet come back and the companies which service it don’t guarantee the “preserved” to come back to life again.


This week’s episode is about NFT in the funeral business.
What is NFT?

This is the definition from Wikipedia which is very well written and I wish to share.

A non-fungible token (NFT) is a unit of data stored on a digital ledger, called a blockchain, that certifies a digital asset to be unique and therefore not interchangeable.

Japan’s Only Funeral Biz Podcaster
Thumbnail spelling… I’ll fix later

NFT used in the funeral market in Japan, what is it and how?

Let me give you a very simple example of how to use a NFT managed microphone for a rock group lead singer, let’s say, one of Mick Jagger’s.
Let’s say that I’m using the same one.

Continue reading

日本のオンラインイベントの残念さ

コロナ禍の中でイベントがオンライン化しはじめたのが去年からだった。
私はおかげで海外へ行けなかったが、海外のイベントに自宅にいながら参加できるようになった。
しかも、すごいことに日程が重なっていても複数のイベントに参加できる。
これこそありがたいことはない。
今までは天秤に掛け、妥協せざるを得なかったのに。

Photo by Kaboompics .com on Pexels.com

同時に、NFDA(Nationa Funeral Directors Association)のイベントやInc.comの超有名人セミナー(しかも無料!)などを同時に参加ができた。

さて、日本はどうなっている?

まず、スタート時間があり、それまで出店者が誰なのか開示されていないことが多い。
10歩譲って、参加者はわかったけど、何を出展とかどういう内容のセミナーなのか不明なのも多い。
そんなのにおカネを出して参加したいか?

更に残念なのが、常にその時間帯で見れたりすることができないことが多い。
そうなると、あとから見たいと思う。
それが出来ない。

しかも、10時~17時とかの時間制限があったりする。
∑(゚Д゚)エ!? オンラインだよね?
なんで24時間オープンさせないの?

なんで講演内容のビデオをずっと置いておかないの?
ビデオもパンフもなく、ただ開催の案内だけのPDFだったり。

Continue reading

Podcast in English 20210818 DNA Preservation

Podcast No. 36 in English

Today is August 18th, 2021.

The previous podcast No. 35 was about a company called “Keepers” and its president Mr. Taichi Yoshida who established the “Relic Collection — or Relic Disposal” business in Japan.

Today, I wish to talk about DNA preservation.

I was listening to a podcast on my way to town today. 
The podcast is called “Elevating Funeral Service” 

and the Episode #30, “Should Your Funeral Home Offer DNA Preservation?”

Come to think of it, there is not even a single funeral service in Japan that offers DNA preservation.

Japan’s Only Funeral Biz Podcaster
  • Why should you offer such?
  • How to preserve?
  • DNA degrades in time so data is important.
    • BTW, the DNA degradation mechanism has not yet been understood.

It talks about the value proposition and what they are, even before death.

Continue reading

Podcast in English 20210812 Relic Collection Business

Podcast No. 35 in English

Today is August 12th, 2021.

This is your host,  Yuusuke Wada, probably the only funeral business podcaster discussing the death industry business of Japan in English.

I’m also the researcher of the Reform of Death and the journey to the end of life.

I must apologize for the people waiting for the weekly podcast last week.
I had to skip it.
AND I’m also one day late for this one as well.
I almost missed this one.

No. 34 was about a special embossing paper that pops up after passing through the heater.

Today, I wish to talk about a man, 20 years ago who created the industry of “Relic Collection Business” in Japan.

His name is Mr. Taichi Yoshida, the president of the company called “Keepers”.

Japan’s Only Funeral Biz Podcaster

I remember when I was still in the mortuary business trying to find a better way for the surviving family. There are always problems of what to do with relics of the deceased. 
Being an undertaker, that wasn’t my job but there was a potential market from the very beginning and people did not know how and what to do with them.

Many threw it away as “non-combustible waste” and had it go to the dump.

We took care of old Buddhist home altars when needed and took it apart in our warehouse and had it thrown out.

But many times, beside these religious materials, there are monetary value.

Mr. Yoshida posted and sent business postcards (flyers) to all funeral homes asking them to find a client in need of house cleaning.

Yes, the crux is “house cleaning”.

Continue reading

サブスクって本当に有益?

ここでも幾度も話をしていますが、私は2018年11月から2019年10月末まで東京スクエアガーデンに入っていたWeWorkにワーキングデスクを置いていました。

WeWorkもある意味サブスク系の場所借り(私から見たら技術関係なしのただの又貸し屋)で、性懲りもなく無駄に1年も契約してしまいました。良かったことは経験。悪かったこと、それも経験(笑)。

2019年2月のとある、週末(誰もいない)

私もAdobe、Spotify、MS365、Google Workplace、Zoom、Vimeo、強いて言えばこのWorpressを利用していてこれらもサブスクビジネスです。
これらはソフトウェアのサブスクリプションモデルです。


さて、それはそれで、この様な案内がFB広告で見ます。
これもレンタル(サブスク)ですね。
しかし、これは「ハードウェア」です。

実は、レンタルオフィスは私もまだ利用しています。
現在、11月末まで日本外国特派員協会が入っている同じ丸の内二重橋ビルの東京會舘側で2FにあるServCorpです。
ここは質が良いとのことですが、ただの住所借りをしているので、ちょっとでも会議室を借りようとすると一気に費用が嵩みます。こんな状態なら外国人記者クラブでミーティングなのですが、11時半までバーは開かないのでFCCJも午後でないと全く利用価値がありません。

ServCorpは契約終了時の11月末で利用を終了します。
ここもやはり祝日などは有料でも会議室は一切使えない問題があり利用価値がないわけです。
そもそもこのようなビルはみんな閉鎖してしまいます。
同じ建物内の外国人記者クラブも利用できなかったのはいうまでもありません。
東京スクエアガーデンもそうですが、カードキーを利用して入ることが出来ました。

そんなことがあり、先月に利用終了を申し出て8月いっぱいで解約をしようとしましたが、1年契約だったらしい。

Continue reading