格安葬儀の落とし穴と言う記事

まぁ、酷いタイトルだわって思うのは私以外に多くの葬祭業者だわ。
しかし、これも事実なんですよ。

アエラの炎上タイトルは否定できない

さて、ここで大きく問題になるのは、「格安葬儀」であって、これらが何を意味しているのかである。

「格安葬儀」≠「家族葬」である
出棺葬と呼ばれる「直葬」や「ゼロ葬」など色々とある。
まして「一日葬」(確かこれは私の「旅のデザイナー®」と「死に方改革®」同様にどこかの商標だったはず)も安くないこともあるから一概に言えない。

続きを読む

死後SNSのアカウントをどうするか

今日、たまたま亡くなった人のSNSアカウントのことを目にしました。
実はFacebookやGoogleでもその処置ができます。

2010年8月30日にFCCJにてOgilvyのThomas Crampton氏が記者会見(魚拓)を開いたときに、その後、Crampton氏から逆取材を受けてしまいました。

そんなところから、私のやっている終活の「死に方改革®」が始まったところでした。

オンライン・アイデンティティを消すことは容易〜不可能なランクがあります。
このリストを見ていただければ、∑(゚Д゚)エ!?と言うものもあります。
Googleさんは簡単だが、何故だかYouTubeは不可能になっている。

https://backgroundchecks.org/justdeleteme/

さらに2017年5月4日に私がここで書いた内容もありますのでぜひ参考にしていただきたい。

ソーシャルメディアを活用した「終活」その1

しかし、追悼の場としても使えることを忘れてはならない。
それには「Canonize」と言う行為が必要だ。
Googleのアカウントみたいに放置して、ずっと生きたままは危険である。

Cloud SIMケータイを使ってみた

先週、jetfon P6を買った報告をしました。

物は試しで、Cloud SIM (eSIM) 搭載のケータイを使ってみました。
これを海外でノーチェックで試すのは冒険かと。

実際、冒険だからいいんだけどw

しかし、情けないな〜って言う結果。

よく皆さんがMVNOで速度が出ないクレームがありますよね。
まさしくこのCloud SIMでも同様。

なぜなら、これも国内ではMVNOだからです。

つまり、DoCoMo/ソフトバンク/au KDDIの足回りを借りて、安く提供する方法だからです。

いや〜、マジにMVNOより酷いって思ったのは、その時の通信会社は変わるってことです。

でも、足回りを提供しているのは日本国内では3社のみですから(楽天は除外)、ここに制限があるのでしょうね。

∑(゚Д゚)エ!? 0.12Mbps だって?!

二度目に試したら別の安定した回線に繋がったらしい
日曜日に銀座3丁目でパソコンのWiFiルータとして試したら、全く速度が出ず、ず〜〜っとつながらないわけです。
これで、何かおかしいのではと試してみたわけです。(笑)
まぁ、結果はこんなもんかと・・・
海外へ行ったらやはり自分はSIMを現地でゲットするわな。
これはあくまでも緊急時だと思うしかないわけです。
ちなみに jetfon の契約は300MB/日、1GB/7日、3GB/30日なんですよ。
これって、すぐ消費するわな。

via Blogger http://bit.ly/2M9o9p3

訃報 ニキ・ラウダ氏 死去

ヨーロッパ時間で5月20日に訃報が世界を走り回りました。
音速ではなく、超精密なクロックワークみたいに。

超精密なドライブテクニックにてF1サーキットを走り抜いた不死鳥ごとくニキ・ラウダ氏がお亡くなりになりました。ご冥福をお祈りいたします。

私が子供の頃、未だに憶えているのがニキ・ラウダ氏が事故って大やけどを負ったのを。
そして顔も焼けてしまい、大事故となったのを。
調べたらあれは1976年のことでした。

ついこの間、うちの子を連れて車競技用のヘルメットを買いに行きました。
湘南の近辺ではNAPS港北店しか扱いがなく、ほかのNAPSさんはすべてバイク用ヘルメットだけ。
そこで、店員さんに聞いたら、根本的にバイクと車のヘルメットの構造が違うと。
まして、強度はバイクのほうが高い。

そりゃ、そうだわ!すっ転んで頭を打つ可能性はバイクのほうが高いからずっと保護せねば。

では車は?
実は、箱に入っているので、衝撃よりも火災に強くないといけないらしい。

何かあって、扉が開かなくなり、脱出できなくなったら、レスキューと消火班が到着するまで炎と煙との戦いになります。だからこそ、F1ドライバーは難燃性の布のフェイスマスクをかぶって、その上にヘルメットをかぶっているわけです。

なので車競技用のヘルメットはバイクよりも視野が狭く、ガチっとフィットしている。

しかし、ニキ・ラウダ氏の場合、何かの衝撃でヘルメットが吹っ飛んで外れてしまったらしい。
それで頭部に大やけどを負ったとも考えられる。
更にFRPボディの溶ける煙を吸って肺までやられてしまったらしい。

それでも半年で不死鳥のごとくサーキットに舞い戻ってきた。

その後、実業家になり色々とあって、70歳でお亡くなりになった。
私の中では84、5歳かと思ったらまだ70になられたばかりだった。
残念です。

今日のお話は車競技ではヘルメットは大切です。
私もJAF国内A級ライセンスを保持して15年になります。
免許を取ったらぜひ皆さんもJAF国内A級ライセンスに挑戦していただきたい。
教習所では教えない安全に走る車のハンドリングを教えてもらえます。
一泊二日もあれば取れますので、ぜひ!

 

Quantaglion社と一緒に仕事

あまり詳しくは掛けないのですが、Quantaglion (クワンタリオン)と言う会社と昨年12月のHelloTommorow Deep Techと言うスタートアップ・ミートアップのイベントのリセプション・パーティにて出会い、その年末から色々とやり取りし、今年1月から知り合いを巻き込んで何か一緒にできないか模索し始めました。
もちろんこの友人のツテにてCore TechnologyなのでIPAにもご相談に伺いました。

IMG_9158

ここは飯田橋の東京理科大学のインキュベーション・センターに会社があり、乱数発生デバイスを開発した会社で、究極のセキュリティを作るためのチップを提供しています。
今の乱数は擬似乱数と言い、アルゴリズムで乱数を発生させており、条件が揃えばいくらでも同じ数字が出てきてしまう落とし穴があります。
しかし、Quantaglionの露崎教授が開発し、日本含む世界8カ国に特許を持つ真乱数発生デバイスを持っております。
これは原子の自然崩壊によるアルファ粒子の放出を検知し、それを電気エネルギー測定しその粒子の数をクロックにてカウントする方法で乱数を発生させます。原理は簡単ですが、作るのは難しい。

このデバイスの利点は温度や環境による変化が無視できて、数値を正当化させるためのホワイトニング(人の介入)が必要なく、そのまま数値を活用できるのが特徴です。

 

実際、利用している原子核はアメリシウム241です。
製造方法は(Wiki) 至って簡単 ヾ(゚Д゚ )ォィォィ

 原子炉内のプルトニウム239に2個の中性子を当てると、プルトニウム241ができ、これがβ崩壊して、アメリシウム241(半減期432.2年)となる。

煙報知器などでも使われていて、ホーチキ株式会社さんと打ち合わせしたら、今でも彼らは在庫があるとのことでした。

そんなことで、今日も Podcast をぜひお楽しみください!

Podcast録音のために安いマイクを探してました

今、ラジオ番組のスポンサーをしています。

もちろん、ラジオ局の録音には超高性能で高いマイクロホンをを利用しています。
たぶん、1本10万円くらいのがあってもおかしくないだろうと。

しかし、局じゃない場合はそれほど高価なものが必要ありません。
通常、私はRode NT2A を利用していたり、面倒になるとZoom Q3を使ったりしています。

その後にホワイトノイズ除去をするためにAdobe Auditionで 「shift+p」 で最初の環境音(ホワイトノイズを含む)をマークして、次に 「全部を選択し、コマンド+shift+p」 で除去します。

この繰り返しですが、実際、音質が悪くなるのは言うまでもありません。

そこで、評判が良い激安のコンデンサーマイクを探してみました。

ありました! SONY ECM-PCV80U って言うのが。

実際、買ってみて使ってみました。
Windows 10では今までの録音が出来なくなりまして、違うアプリを使うようになりました。
MacではGaragebandが標準でしょう。
色々と試しているけど、まだ録音まで至っていないんです。

via Blogger http://bit.ly/2QcnmlP

Cloud SIMケータイを買ってしまった

まず、Cloud SIMって何か?

簡単に言えば、クラウド上にあるデータにて海外で安い事業者をローミングで探してそこに接続して通信を行う。つまりSIMで管理するのではなく、クラウド上で管理するアイデアです。

Appleとかでは  eSIM と呼ばれている。(embedded SIMの略だと思います)

Appleで売られているiPadはeSIMにて海外で通信をすることができます。
では、ケータイは?

皆さんがよく目にしている、Global WiFiやイモトのWiFiがルータ版です。

さて、これのmaya systemから販売されたケータイ版が jetfon P6です。

これをビックカメラにて買ってしまいました。
そもそも、私は現地でSIMを探すタイプなんですよ。
なぜそんなことをするのか?

さらにこの前(それも先月末)、BlackBerry Key2も買ってしまったんです!
もうバカでしょ(笑)

なぜこんなケータイ、それもP6の廉価版みたいなのを買ったかと言うと、使うのが自分だけではないってことだからです。
海外へ家族のものが行くなら、これを渡しておけば、飛行機が到着した時点で迷うことなく、更に高い費用を払わずに済むわけです。
私の場合、1日とかの猶予が与えられます。
飛行場でSIMを購入するより、現地の通信会社の店で買ったほうがずっと割安だったり親切だったりします。
初日は、空港に着いてバタバタしていているからでもありますし、着陸後すぐに使えるわけです。
このjetfonのCloud SIMを提供しているのが香港のGlocal Me社です。
三日掛かりでやっとビデオの編集を終えましたアップロード出来ました。

via Blogger http://bit.ly/2WcBjFM