タグ別アーカイブ: Blogger

ゴミを使って石油を作りSDGsを目指す

永久機関って言葉がある。
英語ではPerpetual Systemって言う。

ゴミを燃やして(すでに作られたものだからカーボン・オフセットは関係ない)、そのゴミを活用してタービンを回してエネルギーを作る。火力発電ですよね。
これが現在のごみ焼却施設の発電ですが、発電で利用しているのが主にその自治体の施設と副産物として現れる排熱で温める温水プール。あまり活用方法がないのと大規模にもならないし、地域が得しているわけでもない。せめて利用できるのが(ありがたいことだけど)そのごみ焼却施設の電気として。

そして、山手線が一周するのにどれくらいのエネルギーが必要なのかご存知でしょうか?
実は、電車には「回生ブレーキ」があり止まるときにエネルギーがパンタグラフと送電線を使って蓄電器にバックされる仕組みがあります。
山手線が1編成一周するのに、100W電球を1時間つけたくらいだそうです。

実際はもっと必要かと思いまして、その記事がもう見つからないので割合いたします。

さて、JRや各電鉄会社が新型車両を導入する理由は古くて効率が悪い電車を何年も維持し続けるのは社会の損失であるからです。
重たい車両、発電効率の悪さ、モーターの負担、経年劣化の保守などがあるが、極めて注目したいのがエネルギー変換効率である。回生ブレーキによってエネルギーを戻せるために電力を必要以上に電力会社から購入する必要がなくなったわけです。
この電力が今では経営を圧迫させる要因にもなっています。

初公開!全国「エコ鉄道会社」ランキング
山手線に新型車両が導入される本当の理由

次にこちらの映像をご覧ください。
この映像をご紹介します

これは日阪製作所が開発したサイクロン式ストレーナーです。
サイクロンといえば竜巻。はい、ダイソンの掃除機と同じ原理ですがちょっと違います。

何に使われるかというと、熱交換器のシステムで使われるゴミ除去装置です。
ストレーナーは車で言うとオイルエレメントです。
つまり、ここでゴミを分別します。
この場合、流れてくる海水にて渦(竜巻)にて遠心分離機みたいな機能にてゴミを分別します。

さて、このストレーナーがどう活躍するか・・・
実は海には様々な浮遊物(主に人間が作り出したプラスチック製のゴミ!)が存在します。
日本はまだきれいなほうです(この30年でだいぶ変わりましたが、過去に捨てたゴミはマリアナ海峡の底にまで日本のゴミが溜まっています)が、やはり海外はメチャクチャです。そのようなところに熱交換式発電システムを入れるとなりますと、ゴミですぐシステムメンテが入ります。
このシステムメンテ期間をできるだけ伸ばす(メンテをしないのではない)にはどうするかというので今回、このストレーナーが開発されたとのことです。

基本的にこのストレーナーは超汚いところで利用されるわけではありませんが、そういうところはどうなってしまうのだろうかと考えました。

さて、このストレーナーで拾ったゴミをリリースしたあと、貯めればよい。
主にプラゴミであるからだ。
このゴミを茅ヶ崎のNACKSの技術にてプラゴミを石油に戻すことができます。
どんなプラゴミでも良いわけではないのですが、ほとんどが可能とのこと。
これを分別するかしないか、出来なかったものをどう廃棄処理するかは別だが(ここは別途協議する必要がある)、ボイラー用の石油が取れる。

そして、その処理に熱という副産物が作られる。
その熱はエネルギーに再度利用できる。
熱→音→電気として
これは可動部分がないので半永久的にメンテフリーでエネルギーを取り出せる。

http://bit.ly/2ETC0KE

更に今、日本はペットボトルを回収しても、それを持って行き場がなくなったのをご存知だろうか?

58.7万トンのうち、54.1万トン、約92%が回収されていると報告されています。

http://bit.ly/2HgEtQU

ここで注意していただきたいのが、旧回収率と今の回収率は違うということですが、便宜上、現状の回収率(販売量)にて話を進めます。

http://bit.ly/2HgEtQU

NHKのクロ現でも2018年5月9日の放送でも報告されていますが、すでに限界に来てます

https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4126/

日本、大丈夫ですか〜?

まして3R (Reduce, Reuse, Recycle) + R (Return) 運動でもこんな無駄な工程がたくさんあります。

http://bit.ly/2ERiIFB

こんなことをせずに石油に戻す技術があります!

あとは石油貯蔵法をクリアするだけです。

そこに発電もできれば、駐車場もあればコンビニとコインランドリーを併設すれば無駄なくエネルギーが作って使えます。

更に今年でソーラー発電による改正FIT (固定価格買取制度)が終わります。
ミソは売電できないエネルギーを使い切るということです。
つまり、新電力と契約しない限り、これから作られる余剰エネルギーは無償で電力会社へ供給することになるので「使い切る」ということです。

こんな無駄なことをやっているのではなく、ペットボトルをリサイクルし、そこから石油を作り、使うなり売るなり、そして、また発電することで循環することが良いわけです。

もちろん、これはあくまでも理論上の話です。
そこからどう進めるかがこれからが課題です。

そして、次にSDGsです。

そもそもSDGsってのは何か?
これを説明するのは面倒なので(手抜き)外務省から発表されている投稿を読んで頂きたい(笑)

http://bit.ly/2HobCud

この装置を使えば、日本だけではなく、海外で問題になっているプラスチック、電気の供給、さらにきれいな水、水だってこのエネルギーを用いて浄化できます。

そして、大国に首根っこ掴まれることなく、生活を豊かにすることもできます。
無限に可能性が広がってきます。

そのさきに、投資家をどう集めるかなどもあり、これもすでにエストニアで開発されたブロックチェーン技術を利用した仕組みがあります。

取り急ぎ、一週間近く、これを書いているので・・・アップしました。

via Blogger http://bit.ly/2ETNuho

広告

Google MapでNight Modeキャンセルできる!

ご無沙汰してます!

あの世の住人と日々暮らしをともにしている「元」葬儀屋兼ITと葬祭業コンサルタントのオイラです。

車で運転中、最短ルートをいち早く見つけるために、ナビは必需品。

しかし、カーナビってほとんどがおバカですよね。

しかし、カーナビの良いところもかなりあります。
通行止めとかをきちんと把握しているから。
これで泣いたことが幾度かあります。
その話は置いといて・・・

さて、AndroidケータイのGoogle Mapナビが2015年くらいから勝手にナイトモードになり、色が反転して見づらい!って思った方々は多いかと思います。

私もその一人です。

何しろ、トンネルに入った途端に反転したり、暗くなると反転。

私は通常でもカーナビはそのままにしています。

やはり見づらいですよ。
とくに道路に暗い色の渋滞マークがついたりすると、暗く反転されると、その道や文字が読みづらくなるので、断固たるナイトモード反対派なんです。

そんなところで、昨夜、Google Mapを更新したら・・・

あれ?いつの間にかに解除があるじゃん!

いつからかは明確ではないのですが、AndroidもiOS版も両方ナイトモードを解除(正確には「自動」から「日中」にする)ことが可能になりました。

設定→ナビ→カラーパターン

これを「日中」固定させれば良いのです

iPhone も同様です。

ここでは「自動」になってますが「日中」にすればOK。
逆に常にナイトモードがお好きな方へは「夜間」にすればいいんです。

Googleさん、やっと叶えを聞いてくれてありがとう。

via Blogger http://bit.ly/2SfxQRr

BlockchainでDifficulty

先ほど気づいたのですが、ビットコインなどのマイニングしているときに新しいブロックチェインを発見する「難しさ」を表すグラフがあったとは。

いつからだかはわかりませんが、 blockchain.info に掲載がありました。

ご存じの通り、ビットコインの金額はこの1年で乱高下。
理由は様々なことがありますが、新たなものに分離(フォーク)したとか、使われずそのまま投資に回って利上げだけを狙っていたら、信用落ちたとか・・・

あとは中国当局の規制が厳しくなったというのも理由にあげられます

http://bit.ly/2RA1Ebk

これがこの1年での一番高い値付けをしたとき
約$20,000!

これがこの1年での一番の安値
$3752!

これが先ほどの価格
あともうチョイで $4000
つまりビットコインの投売り状態なわけです
そしてこれが Difficulty

考えてみると、このDifficultyの値が下がっているってことは、マイナーが減っていると。
つまり、今年の10月からビットコイン含む暗号通貨を計算している人たち(マイナー)が減っている。

新しいハッシュタグを発見するのが容易になりつつあるってことです。

これって、機材を投げ売りしている人たち(廃業)がいるってことです。
しかし、儲かるには程遠い世界だなって言うのがつくづく感じます。

何しろ1年間で1/5まで値が落ちたんです。

すでに中国深センでは機材を鉄くず同様にKg単位でマシンを売って廃業しているともどこかで読みました。大量にASICを積んだこのマイニング装置を可動すれば電気代はおそロシアじゃない、おそチャイナですぐにバレますが。

先週、本当のビットコインの価値ってもしかしたら$30くらいなのかも・・・って某銀行とのミーティングで話し合って苦笑いしました。

via Blogger http://bit.ly/2RzKGK9

Bitcoin 詐欺のSPAMメール

晒します(笑)

さきほど、このようなメールが届きました。
これはすべて詐欺メールですので信じないでください。
何しろ、日本語が変だわ〜!
翻訳ソフトを利用しているのですが。

Nこんにちは!

私のニックネームはzeke40です。
私は半年以上前にこのメールボックスをハッキングしました (あなたはこの手紙をあなたから受け取った),
私が作成したウイルス(トロイの木馬)をあなたのオペレーティングシステムに感染させ、あなたを長い間監視してきました。

その後もパスワードを変更したとしても、それは問題ではありません。私のウイルスはあなたのコンピュータ上のすべてのキャッシングデータを傍受しました
私のために自動的にアクセスを保存しました。

私はすべてのあなたのアカウント、ソーシャルネットワーク、電子メール、ブラウジング履歴にアクセスできます。
したがって、私はすべてのあなたの連絡先、あなたのコンピュータからのファイル、写真、ビデオのデータを持っています。

私はあなたが時折訪れる親密なコンテンツサイトに最も襲われました。
あなたは非常に野生の想像力を持っている、私はあなたに言う!

あなたの喜びと娯楽の間、私はあなたのデバイスのカメラを通して、あなたが見ているものと同期してスクリーンショットを撮りました。
何てことだ! あなたはとても面白くて揺らめいています!

私はあなたの連絡先のすべてがこれらのスクリーンショットを取得するのを望まないと思いますよね?
もしあなたが同じ意見を持っていれば、私は667ドルが私が作った汚れを破壊するのにかなり公正な価格だと思います。

指定された金額を私のBTCウォレット(Bitcoin)に送ってください: 1BEQ3id3nr2pummerJRiAtZrdGoYHsAwq7
上記の金額を受け取るとすぐに、私はデータが削除されることを保証します、私はそれを必要としません。

そうしないと、これらのファイルとサイト訪問の履歴があなたのデバイスからすべての連絡先に送信されます。
私はすべてのあなたの電子メールの対応を保存しました! これはあなたの連絡先にも送信されます!

あなたがそれを読むとすぐに – 私はそれについて知るでしょう!
あなたは50時間持っています!

私はあなたのことを覗き込む多くの仕事をしてきました! あなたはセキュリティを見ない!
実績のあるリソースだけに行き、どこにでもパスワードを入力しないでください!
さようなら!

さて、このビットコインのウォレット:

1BEQ3id3nr2pummerJRiAtZrdGoYHsAwq7

2018/10/23 14:00 JST 段階ではまだ引っかかった人がゼロ(良かった)

via Blogger http://bit.ly/2PkBz1S

GMAIL連動のGoogle Appsを使うには

ブラウザは正直、なんでもいいのですが、出来たらChromeをオススメ。

はい、メモリを食いますよね。

さらにHDD容量も・・・果てしなく。

IEでも、EdgeでもFirefox、Opera、Safari、Vivaldiでもいいんです。

ちなみに私はVivaldi Ambassadorです(爆!)

さて、Google Chromeにログインしてください。

http://bit.ly/2NNDoj9 で GMAIL アドレスでログインです。

ログインしたらこんな感じになります
ご自身の GMAIL アドレスでお願いします
次にGoogle DocumentsやSpreadsheetを使うにはテンキーみたいな形のをクリックしてください
ここはデフォルトの設定です。
下の「もっと見る」をクリックするとその他、色々と出てきます
通常のワープロが「ドキュメント」です
ちなみに、これは「Blogger」で書いてます。
「ドキュメント」をクリックすると起動します。
「スプレッドシート」は表計算、「スライド」がプレゼンテーション。
その他、色々とありますが、この3つがメインです。
さて、「ドキュメント」をクリックすると、もしかしたら再度認証画面が出てくるかも知れませんが、その時は再度パスワードを入れてください。
立ち上がったら:
そのまま閉じてもいいですし、ガイドを見てもいいです。
表計算の「スプレッドシート」は「ドキュメント」を開いてからアクセスできます
左上の「三」←ではないですが、この形のものをクリックしてください
すると、これが表示されますので「スプレッドシート」を選択すると表計算が現れます
これが表計算モードになりますので

「空白」で新規作成したり、テンプレートを使うことができます。


Google Appsを使うメリットはブラウザさえアクエスできれば簡単にワープロ、表計算、スライドなどを作ることができます。

via Blogger http://bit.ly/2q2wkpv

京セラ Ecosys P6130をKPDL以外で使って比べました

昨日(2018/08/18)PDFを印刷しようとしたらメモリ容量足らずバッファーオーバーフローで半分チョイ印刷されてプリントされてしまいました。
昨日の投稿にも紹介しましたが・・・

このプリンタ、2015年7月15日にうちに来ました。
もう3年経ちました。
あまり印刷してないのは使い勝手がイマイチのことが多かったからです。
追加の増設メモリは受注生産品で次に生産は不明。
特殊なメモリーなのでパソコン用DIMMは使えない。
こういう設計をするのがイヤらしいんだよね。
使えたとしても、メモリの仕様を書いてないのでどんなモノなのか入れてみないとわからない。
一か八か、壊れるか、壊れないか・・・(´Д`)ハァ…

これで昨日、このプリンタを処分しようかと。
さらにこのプリンタ、消耗品がやはり高いんです。
アスクルで買っても4色揃えたら税込み4万7千円弱で、これならちょっとした業務用4色ビジネスインクジェットプリンタを買えるじゃない!

ってことでどうしようか、本当に悩んだ。

ご覧の通り、ブラック、イエローが底をつきそう。
マゼンタもそろそろだ。
ブラックとイエローだけでも2万円!

さて、このプリンタはKPDL/PCL/PDFダイレクトプリントの3モードがあります。
デフォルトではKPDL(京セラのPostScript 3言語互換)とPCLエミュレーションとPDFを印刷するモード。

KPDLモードでオーバーフロー
PCLモード
PDFダイレクトプリント
画像(ラスター)モード
インクジェット(MFC-6980)

こんな感じで手持ちで撮影しました。

これだえを見ると、正直わからないですが、一番綺麗に出力されているのがKPDLモードで文字も背景もきちんと綺麗。しかし下の画質がわかりません!

次にPCLにしましたら、背景が薄く。文字はしっかりと出てます。

次にPDFダイレクトでは、文字も画像もイマイチ。300dpiプリンタで印刷された感じがします。
印刷速度ではこれが一番でした。
次に「画像として印刷」、つまりラスターモードですが、イマイチですが、インクジェットよりマシ。
そして最後が参考のためにブラザーのMFC6980インクジェット複合機にて印刷してみました。

結論としてはPCLモードで印刷するのがいいってことね。

via Blogger http://bit.ly/2MZpx9R

過去にうちにあったプリンタ

私、昔はプリンタやコピヤの開発をしていました。
ぶっちゃけ、ミノルタにいました。
そこでLBP開発部に所属、その後、社内をノマドワーカーみたいに転々と(部署ごと放り出されて、最後は統廃合)。
色々あり自宅の葬祭業を手伝うことになり、また実家を離れて、米国のロス郊外にあったアドビの開発協力会社(アドビ純正PostScriptのポーティングとPCLなどのエミュレーションを開発)の日本支部に就職し、プリンタ開発サポートに携わっていました。

そんなところで、色々と自分で買ったプリンタなどがあります。
古いモノでは Sharp のPSプリンタを自前でUSAから輸入したのが1995年ころ。
かれこれ20年以上も前のモノなので型番すら憶えていないです。
その他、エプソンのMJシリーズのインクジェットなども。

業務用で私が使い始めたのが当時ミノルタがQMSを買収した時代のMinotaQMS Magicolor 6100PSでした。
実は、このプリンタQMS製のPSクローンのインタプリタが搭載されていたのだが、なぜだかモリサワ書体のリュウミンと中ゴシックBBBが搭載されていたのです。
エンジンは日立製のA3プリンタで品質はイマイチ。しかも、このプリンタエンジンは多くのところでも利用されていました。
とうとう寿命が来たので、Xerox DocuPrint C3030 PSに乗り換えました。
これはタンデムエンジンだったのでカラーでも印刷が30PPMは出ました。上記の6100PS は12PPMでしたが、実際、処理が遅くてカラーだと4PPM程度。
そしてC3030はデュープレックス(両面印刷)対応ですごく重宝しました。10年くらい使っていたのかも。そしてとうとうパーツがなくなったのと、ランニングコストも高いので違うプリンタを購入。

ちなみに、レーザプリンタのランニングコストというのはトナーだけではなく、定着器、転写ローラー、中間ベルト、定着オイル(ある場合)、トナー廃棄ボトルなどが定期的に交換が必要です。印刷頻度でガンガン摩耗していきます。

代替えを今日セラドキュメントソリューションズのEcosys P6130cdnです。
今でもあります。

その間に、ブラザー製のインクジェット(家庭用)のを3台–1台はまだ自宅で現役のMFC-935ですが、その他は廃棄処分しました。
更にEPSONのモノクロレーザ(LP1500とか)も2台、キヤノンのモノクロレーザとかも。ついでにキヤノンのB0+の大判印刷プリンタもありました。
その他、ブラザーのA3カラー複合機などもあり、妻の会社に譲渡しまして、現在はMFC-J6980CDWを利用してます。

そして、ここでも紹介しているMEMJET C6010 Panther(これは捨てに行きます)。

今、メインで活用しようとしていたのがブラザーのA3機のMFC-J6980と京セラのEcosys P6130ですが、このEcosysの問題が大きい。
PDFがまともに印刷しないんです。
Google Documentsから出力したもの、PDFで保存したもの、みんなメモリーエラーを起こすんです。搭載メモリー容量が小さいってことなんです。

実は私が大昔に採用したPeerless社のQuickPrint技術はそれを補う仕組みを持っていました。この技術があれば上記の途中で切れるってのはないのに・・・
そもそもバンドバッファで印刷しているのに・・・

多くのプリンタ用のメモリーが特殊なモノって言うのは最悪だわ。
ってことでEcosys P6130も廃棄。
このプリンタは私がパナさんとお付き合いが何十年もあり、パナさんがプリンタ/コピヤ撤退に伴い、京セラから業務提携で仕入れることになり、神奈川とトップどおしを私がつなぎました。そのお付き合いでDocuPrint C3030を引き取ってもらい、P6130をパナさん経由でゲットし、京セラさんでメンテしてもらうことになりました。

本当はMEMJETで印刷したかったのですが、このプリンタのインクヘッドが劣化が早すぎて、もうダメになりました。
業務向けの高速プリンタ・・・やはりエプソンかキヤノンか。

さて、本当に次のプリンタを考えないと仕事にならないわ。

via Blogger http://bit.ly/2MEaHsi