月別アーカイブ: 9月 2016

HTC10を利用していてデベロッパーモードに

2ヶ月以上利用して、色々とわかったこと

デベロッパーモードに変更が出来ました。

まずは「設定」

「ソフトウェア情報」

「その他」

「ビルド番号」を数回叩いているとデベロッパーモードに入れます。
勝手すぐには入れなかったのですが、忘れたころにここを数回タップしていたら、デベロッパーモードに入れました。

 すると、機能が増えている!
「スリープを無効にする」など
「高性能モード」← これはCPUをフル回転させる!
たぶんケータイが熱くなるので注意!(笑)
「OEMロック解除?」これは・・・
あと「USBデバッグ」やまだまだあります。

これは、自己責任においてやってください!

via Blogger http://ift.tt/2dwKsnr

広告

DASH School 第1話 ブロックチェインとは

DASH (https://www.dash.org/) の広告塔でもある Amanda さんがデジタル通貨の説明をしています。

私は Amanda さんが自分の番組を主催してころからフォローしています。

デジタル通貨とは何か、そして DASH とはを6話を通じて DASH School を YouTube で説明しています。

https://www.youtube.com/playlist?list=PLiFMZOlhgsYKKOUOVjQjESCXfR1cCYCod

Slackでそこのグループがありまして、入れてもらってます。

第1話はブロックチェインとは何かを説明しています。

この中の日本語字幕を作らせてもらいました。

ちなみにYouTubeで字幕を作る作業は初めてでしたが、慣れるまでちょっと大変でした。

でも理にかなった作成方法なんだなと。

字幕作りの大変さは以前から知ってましたが、表示時間とか、字幕の長さで苦労しました。

via Blogger http://ift.tt/2djkS5L

Facebookでの二段階認証

Facebookでアカウントが乗っ取られる人が多い。
私の友人も一人、乗っ取られてしまいました。

まず、乗っ取りと偽アカは違います。
後者は明らかに存在しない人または、悪意ある他人が自分を装っていることがあります。

こう言うアカウントも通報したことがあります。
通報したら、実は本物の人から「私のアカウントそっくりさんがいて、悪さをしています!」と言うことでした。

まず、プロフィール写真は「自分のみ」に設定してくださいね。

次に「二段階認証」(2 Tier process)って言うのを紹介いたします。

Facebookではサードパーティ製のアプリ(今回はGoogleさん)のAuthenticatorと言うのを利用できます。

Android用:
http://ift.tt/LUNEpp

iPhone用:
http://ift.tt/1IVx5CG

これらのどれかをダウンロードしてインストールしてください。

私は iPhone にインストールしました。
実は、この認証したサイトはこの持っているケータイ1台のみしか認証が出来ません。
私みたいに複数台を持ち歩いていても、他の端末からでは認証が出来ないのは、セキュリティが確保できないからです。1台を紛失したら、そのもう1台であなたのアカウントを乗っ取られてしまうからです。
ここでは、私はFB以外にも他のアプリで二段階認証を利用しています。
さて、すでに私はFBを認証しているのですが、上の「+」で登録します。
次はFBの「設定」の「セキュリティ」にアクセスしてください。

 ここで、「セキュリティ」の中で「コードジェネレーター」と言うのがあります。

その中で「設定」をクリックてください。

「設定」をクリックするとこの画面が出てきます
そしたらバーコードが現れます!
この2次元コードでアプリを登録します
先程ダウンロードしたアプリを立ち上げて
「+」をクリックすると
「バーコードをスキャン」と「手動で入力」が出てきます
Facebookの場合「バーコードをスキャン」です
「手動で入力」はすごく厄介なのでFacebookでの登録方法は割合します

このように撮影すると、
Facebook が現れて、
6桁のランダム番号が現れます
赤丸で表示されているのはその番号の有効時間です。
カラータイマーなので、その時間がすぎると新しい番号が表示されます。
前の番号は無効になります。
さて、ログインです。
新しい端末やCookieを削除した場合、パスワードとこの番号を求められます。
別のマシンや別のブラウザでの登録も同様。
さて、はじめての場合、
Facebook にアクセスすると:
メールアドレスとパスワードを求められます
メルアドとパスワードを入力したら
この画面が表示されます

ログインコード(この場合、上記の「657524」)を入れてください
この数字は毎回変わります
もし、ケータイが壊れてしまったり、
アプリを立ち上げられる状態出ない場合は
「コードを受け取れなかった場合」をクリックして「次へ」

Facebook に登録しているケータイ番号にSMS(ショートメッセージ/Cメール)が届きますので、その届いたコードを入力してください。
そして新しい端末でログインしたら場合によってはブロックされ、確認がされます。
(アクセスしてからブロックは意味がないんだがw)
しかし、このように即行で登録したケータイに通知が入ります。
そして、このようにブロックされています

通常は、上記の「ブラウザを保存」で」OKする場合は、その端末は他の人も使わないあなたの専用マシンのみですからね!

それ以外の共有端末(会社のパソコンなど)からは絶対にやめてください。
誰でもあなたのアカウントに入れてしまいますから。

何故だか、今回は確認も出ました(笑)

そしてアクセスしたところとOSとブラウザ。
これがあなたでないならば、「私ではありません」と・・・

でもこの時点で既に手遅れなんだけど・・・

取り敢えず、新しいブラウザや端末からはこのような「二段階認証」でセキュリティを確保してください。

via Blogger http://ift.tt/2dd8fsi

Win10 onlyも大丈夫だった

連載第4になってしまいました(笑)

Win10でGoogle IMEやその他のサードパーティ製の日本語入力が出来なくなると言う問題はどうやら、Win7のみのアップグレードだけみたいだ。

私のところでは、他にLenovoやNECとDell製のノートPCがあるのでチェックもしないとダメだが(実はLenovoはWin7アップグレードを妨げる要因があり、Win10にアップグレードできなかった経緯がある–どうやらLenovoはナニかしていると言う投稿がYahooで発表されていた)取り敢えず、Win10が初期インストールされたマシンで昨夕チェックをした。

今回、動作チェックしたのはWin10 32ビット版が入っている癈人商会さんの如く、ドスパラ(サードウェーブ社)の Stick PC だ。

このブログでも、幾度か紹介している、問題マシン(初期対応の最悪のドスパラさん)のことだ。

このマシンについてはこちらをご参照していただければ:

このマシン以外にうちの子のために作ったWin10-64の我が家で動画編集用の最強マシンがあるが、これには余計なものを入れてないのでテストはしなかった。

昨夕、Google IMEをダウンロードしようとしたら、何故だかダウンロードが開始されなかった。ダウンロードするためのアプリはすんなり行ったが、 Chrome では拒否られたので Firefox でやったらすんなりと。

さて、本題!

私のこのStick PCマシンにはWord/Excelなどが入っていない(Google Apps専用マシン)なので、調べることができるのは Edge と OneNote だけだが、これが結果だ。
この画像は全ページのスクリーンショットで、きちんとMicrosoft EdgeでGoogle IMEが起動しているのがわかる。
あっ、画面のど真ん中に線が入っていますね。
これは画像のレンダリングエラー。

この画像はOneNoteで入力中。
こちらでも、日本語がきちんと入力出来ているのがわかる。

やはり Win7 からのアップグレードのみなのか・・・
あと出来るとしたら、今、手元にあるNEC製のノートPCでチェックするのみですが、もういいよね?(笑)
どなたかなおご参考になればいいだけです。

via Blogger http://ift.tt/2d4MJTO

Win8からのアップグレードはOK

連載3ですね

Google IMEがWin10で使えないというのが出ています。
確かに私も支障が出て、Win7からのアップグレードは残念ながらMS IMEを利用することにしました。
そこでタレコミがもう1件入ったのっで、Win8からアップグレードしたマシンで試してみました。
さて、このWin8からのアップグレードマシンはマック、それも MacBook Pro Late 2011 Core i7 上の Mac OS-X 10.9.5 をベースに Parallels 上で動作していて、更にWin8→8.1→10にサナギから成虫に進化したマシンでもあり多少不安だったが、問題なく動作している。
実は、今、この投稿もMacBook Proに外付けUSBキーボード(実際はPS/2を変換アダプタ経由)を接続してなんの支障もなく書いている。
これは Edoge を使って Google IME で入力している。
「今日の天気は」と問題なく表示されている。

これはWin7でも問題があった OneNote だが、Win8 からアップグレードしたマシンは問題なく Google IME が利用して入力できている。

Parallels上で動いているので、「Winキー+スペース」はMac OSのコマンド+スペースに変換されてしまい、Mac上のIME切り替えになってしまうので注意が必要。
Winでは「Shift+Winキー+スペース」で個別でインストールしたIMEの切り替えを行う。
結論: Win7からのアップグレードだけが問題あるらしい。
さて、純正Win10はどうなのか・・・
これは別のStick PC(32ビット版)を持っているので次回に回したい。
今日はここまで。

via Blogger http://ift.tt/2di6Qjp

Win 10でMS以外のIME

昨日、Win 10でのIMEの問題定義をした。


今日、ちょっと調べてみました。
Windows 10で、すでにこの問題は去年(2015年)7月にてGoogleのフォーラムに投稿されていますが:
根が深いわ。

まずは、Google IMEを再インストールしてくださいと他でも案が出ています。
はい、私は幾度も再インストールしました。

そして、昨日はこんな現象で、どのIMEもデスクトップ以外は使えない(バグとしか思えない)

リブートした今日はすべて動いていたが、今度は MS Office IME 2010がデスクトップのみ

ってことで更に調査し、テストしてみました。
友人から OneNote には Google IMEが使えないとのことでタレコミがあったので再度確認。

日本語入力としては生きているじゃない。
しかし、いざアプリに入ると半角のアルファベット文字しか入力が出来ない。

これは、MSのアプリのみか?と・・・

Google Chrome, Evernote, MS Word, Excel, Outlook では使える!

しかし使えないアプリが、Edge, OneNote, Cortana, Peopleなどだ。
これって、ネットにつながる API を持っているアプリじゃないか。

更に「Win Key+スペース」で IME を切り替えた。
Win 10からだと Win KeyとスペースでそれぞれのIMEを切り替える仕組みになっている。
これはマックで言えば、コマンド+スペースと一緒の操作だが、内部のIMEが切り替わる仕組みになっている。

たぶん、このIME切り替えが一連の悪さをしているかと憶測する。

どうやらこれはMicrosoftの仕様変更で罠としか思えない。

今のところ、回避策がないのが残念すぎる。

あとは、MS IME でクラウドの利用を許可するしかない。

しかし、これもBINGを使って検索するので、賢いとは言えないし、自分が登録した内容ではないので、候補がイマイチだと思う節がある。

ではGoogleのIMEの辞書登録をMS IMEに移植してしまえばいいのでは?

はい、ではそのままエキスポートしたモノを読み取ろうとするとエラ-!

Google IMEは辞書をUTF-8で保存か・・・
ってことはMS IMEはMS 932と言うのかシフトJISで読み取らねばならないのかな?
メモ帳で開いて、ANSIで保存!
はい、インポートできました(ANSIで保存が正解でした!)

これにより、今までGoogle IMEにお世話になっていたところですが、決別できます。

たぶん、今後 Win 10 だと MS IME を使っていくほうが賢い(MSがGoogleの締め出し?)だろうと。

お疲れさまでした。

ちなみに、かなり端折ってますので、ご了承願います。

via Blogger http://ift.tt/2d8uEay

先週のビデオ投稿ダイジェスト(2016/09/11〜9/17)

先週のビデオ投稿ダイジェスト(2016/09/11〜09/17)

2016/09/13 HPがSamsungのプリンタ事業を買収

2016/09/15 OK Google

2016/09/15 NOT OK Google

2016/09/15 Convenient Food Veggie Fried Rice

via Blogger http://ift.tt/2cDzAS3