Monthly Archives: January 2011

Ustreamを気軽に

良くも悪くもソフトバンクが出資してくれたおかげでUstreamに人気が出てます。他のメジャーなモノってLivestreamとかHuluがあるが、Huluは米国のみしかアクセス出来ない(裏技はあるのだが割合する)。日本でもあるが、ちょっと手軽に利用する事が出来ない。やはり事業仕分けを放送したUstreamに軍配があがるのだろうか。

好き嫌いは別にして、iPhoneでもSymbian OS搭載携帯でも、Android携帯でも利用出来ることは嬉しい。個人放送局みたいになる。でも携帯ではチョイと物足らないと思われる方々が多い。そう言う方々へ気軽にUstreamを活用するにはをシリーズにわけて紹介したいと思う。

機材は何が必要か、どんなソフトがあるのか、マック、Windows、Linuxでどうやるのとか。便利ツール、無料ツールなのも。

ubuntu server

今までの苦労はナンだったのか・・・Ubuntu Server 10.10をあるマシンに入れた。そのマシンは色々なOSを入れて必ず死んだ・・・

このマシンでインストールしたOSはWin ME、XP、Slackware 13.1、OpenSUSE 11.2、Ubuntu Server 10.10。SUSEでは知らぬうちにハングしていた。SlackとXPはOKだったが、XPはSP3を入れたら画面がVGA 4色になった!

取り敢えず Ubuntu Server 10.10でwebdavを利用。

それにはproftpdを入れないといけない。

sudo apt-get install proftpd だったかなでインストールした。

今から考えればvsftpdでもよかったか。

こちらを参照した:

http://www.kazutoyo.com/ubuntu/

パソコンラックを作ろうと

チョイと実家の事務所でパソコンラックが早急に必要となった。この前から必要だと分かっていて、色々なパソコン量販店へ行って探しているが以前自分が買ったタイプのモノは存在しないどころか需要がないのか似た商品すら各メーカーにない。

っと言うことなのでLuminiousのパイプ家具で作ってみることを検討をした。

一番気になるのが大きさと価格。サイズは120cm〜130cmクラスを作ろうと思い、探してみた。90cmクラスのは比較的に安価で購入出来るが大きさが中途半端で使えないと判明。っと言うことで一気に値段は跳ね上がる。

120cmクラスの幅になるとポールが25mmΦになり、19mmΦの安いパーツが何一つ使えないし、セットもないから単品で購入する羽目になった。

パソコンラックなのでシェルフ棚は上下、真ん中の木製シェルフ、上のシェルフ、そしてキーボードを納めるスライドテーブルが必要となる。更にモノが落ちないようにシートも必要だし(スライドテーブルと上段のシェルフには)、キャスターやスリーブ(留め金)も必要。更に後ろ側にモノが落ちないようにサポート(基本的にケーブルを引っ掛けるところw)

パソコン2台、モニタ2台(21.5″と15″)を置く予定。

  1. スライドテーブル x1  @ 5790
  2. スチールシェルフ x3 @2890 = 8670
  3. 木製シェルフ x1 @3500(特価品–限定品)
  4. ポール 25mmΦ  x4 @1190 = 4760
  5. キャスター(ストッパー有り) x1 @949(2つでセット)
  6. キャスター(ストッパー無し) x1 @749(2つでセット)
  7. スリーブ 25mm用 x4 @299 = 1196
  8. 後ろのサポート x2 @1490 = 2980
  9. ビニールシート x2 @1590 = 3180

っとなると合計が31,774円か!うぅ〜ん、仕方がない。

以前は同じクラスのLOASのラックを2万円台で買った覚えがある。しかし、このサイズを注文すると実際は5万円以上となるし、好みのモノではないので使いようがないから仕方がない。

 

名刺を作り直す

VistaPrintを通じて自分の名刺を作り直しているところです。

湘南斎場の代表の名刺はきちんと上手く作れたが、Y.E.Y.の名刺はアカンかった。印刷濃度が高すぎて画像も文字も黒ツブレ気味。オイオイと。

やっと今朝、連絡がついて作り直してくれるとのこと。しかし3日は掛かる。つまり今日データを投稿しても仕上がりは来週の水曜。そしてそこから発送。それもきっとヨーロッパから。

会社はテネシー州にあるが、ペーパーカンパニーはネバダの様子だ。そして印刷部がアムスみたい。ヨーロッパの方が印刷と配送が安いからな〜。これは不思議。まぁ、24日まで届けばいいと思っている。それまでは今の名刺を活用。

明けましておめでとう

年が明けた。三が日はのんびりしたかったが、そんな感じではなかった。