カテゴリー別アーカイブ: セミナー

TANEXPO2020 ボローニャはキャンセル

2月中旬に発表されましたが、コロナウィルスのおかげで明日からボローニャで開催されるはずの今年のTANEXPO2020は中止となりました。
お亡くなりになられた方々へご冥福をお祈りいたします。

https://www.tanexpo.com/en/index

来年の2月25日〜27日に延期されました。

Biblio Battleの面白さ

本が売れない中、どうやって書店として売るか・・・
そんなのは本屋さんが考えればいいんだ。
でも自分が人にも読んで貰いたいと思う本はゴマンとあるはず。
これをどうやって伝えるかが課題である。
そのためにはビブリオバトルって言うのがある。

そしてビブリオバトルは本だけではなく、他のモノにも応用ができることを知って欲しい。

ビブリオバトルを通じて

 

個性心理學を学びました

実は色々と事情があり、個性心理學を学ぶことにしました。
個性心理學は動物占い(キャラナビ)の大本です。
四柱推命学(中国が千年掛けて1億人のデータをを取り入れた統計学)を日本人がわかりやすく、そして心理学として即刻使えるように弦本先生が開発されたバースデーサイエンスです。顧客の色分けや性格すら理解できるのでとっても便利です。

ここでは詳しいことは書きませんが、何故私が今回勉強し、取り入れることにしたのは、葬祭業のシステムの洗い出しなんです。

続きを読む

二番煎じからトップへは

葬祭業がソーシャルメディアを活用する時代でもある。
お客様とのキャッチボールはそれでも盛んでいるとは言えない。
お互いに反応しているのは同業者だろうと・・・
さて、そこでアメリア・イヤハート効果を考えてみたいと思う。
新しい着目点にてトップに立つことだ。
競争する軸を変えねばいつまで経ってもNo.1にはなれない。
さて、その効果を作るにはナニをせねばならないかは、お楽しみ。

茅ヶ崎のソーシャルメディア

茅ヶ崎のほとんどが小さい企業である。市の財政は900億円の赤字だ。その赤字の上にアホらしくも総額80億円から100億円を掛けて新庁舎を建てようというのだから困ったことだ。

さて、茅ヶ崎の財政は厳しいことは理解していただいたと思う。次は、烏合の衆とも言える茅ヶ崎の中小零細企業をどうソーシャルメディアを利用してまとめるかが課題。

チラシ広告を出すと言うのがどれだけ無駄か。これからの情報はパソコン(ネット)を通じて紙媒体やテレビに流れる時代になるだろう。
情報をケータイやゲーム機にも配信されるだろう。

さて、私が言いたいのはこの事ではない。これは前置きである。

茅ヶ崎、藤沢、寒川、平塚には多くの企業がある。自前でメディアを活用できる会社は少ない。ノウハウが不足している。中小企業は資金巡りも乏しいが独自技術があったりする。これらの会社をまとめたいと思う。

Mixi、FB、Twitter、アメブロ何でもよい。ツールを使って交流会を発足したい。湘南ソーシャルメディアクラブは既にある。

#shSMC がtwitterのハッシュタグだ。

WordPress for BlackBerry からの投稿

Ustreamを気軽に

良くも悪くもソフトバンクが出資してくれたおかげでUstreamに人気が出てます。他のメジャーなモノってLivestreamとかHuluがあるが、Huluは米国のみしかアクセス出来ない(裏技はあるのだが割合する)。日本でもあるが、ちょっと手軽に利用する事が出来ない。やはり事業仕分けを放送したUstreamに軍配があがるのだろうか。

好き嫌いは別にして、iPhoneでもSymbian OS搭載携帯でも、Android携帯でも利用出来ることは嬉しい。個人放送局みたいになる。でも携帯ではチョイと物足らないと思われる方々が多い。そう言う方々へ気軽にUstreamを活用するにはをシリーズにわけて紹介したいと思う。

機材は何が必要か、どんなソフトがあるのか、マック、Windows、Linuxでどうやるのとか。便利ツール、無料ツールなのも。

図解化–人を動かす提案資料作成術

28日は池田千恵さんが開催するBefore9プロジェクトのセミナーに終日参加してきました。朝の部は「図解化で人を動かす提案資料作成」のセミナーでランチをし、午後は池田さんがプロデュースされた朝活手帳の使い方の説明。

何が素晴らしいかと言うといつも当たり前だと思っている事を改めて自分を初心に戻してくれること。人間、定期的にリセットしないと慣れすぎてバカになる。このようなセミナーにて強制リセットを掛けてくれるので非常にありがたい。

午前中のセミナーは図を使ってプレゼンをすること。人に分かりやすく、目的をハッキリさせて、何故それが重要かを短く説明し、プレゼンを受ける人のメリットが何かを提示することである。これはプレゼンでは当たり前の事だがそれが以外と出来ていない。

午後のセミナーは池田さんプロデュースの「朝活手帳」の使い方と説明。私は正直な事を言うと、4AM〜9PMの手帳だと勘違いしていた。「朝活」で何故夜の9時までと疑問を持ちながらよ〜く観ていなかった。オイラはアホか?wと思った。

是非朝活手帳を活用し、早朝から9時までの時間を無駄にしないように心がけたい。これからもっと充実のある毎日を送り届けたいのは言うまでもない。迷ったらこのセミナーを受けると良い。新しい自分が発見できるかも。